パオの映画は "いのち、愛、共に生きる"

企画制作パオ有限会社
上映会の更新情報を含めた、パオの最新情報をお知らせします。

オープン・ダイアローグ南大沢セッション

更新:

9月25日(日)に、南大沢文化会館にて映画「共に生きて」上映後すぐ、この新しい試み「オープン・ダイアローグ」セッションを行います。

http://www.pao-jp.com/schedule/2016/08/22-113444.html

通常のセミナーや講演会ではなく、来場者と一緒にその場で体験を作り上げる参加型セッションになります。

オープン・ダイアローグとは?
フィンランド西ラップランド地方を中心に開発されてきた、精神科医療アプローチです。
統合失調症などのカウンセリングにも用いられてきました。
参加者同士で交わされる対話(ダイアローグ)によって、独白(モノローグ)では言葉にならなかった経験や体験、それらに言葉を与えます。
その場で体験を共有した本人はもちろん、家族や仕事上の仲間、地域の人々といったセッションに関わる人それぞれ皆の「新たな生きがい」へと繋がることが確認されています。

こうしたオープンダイアローグの取り組み姿勢は、「いのち、愛、共に生きる」をテーマに三十年間、映画を作り続けてきたパオとの興味深い共通点でもあります。

当日会場で、パオの参考書籍、DVDを特別価格にてご提供いたします。
この機会に、ぜひご来場いただき、オープン・ダイアローグに触れてみて下さい。

企画制作パオ(システム管理者)より

Copyright © 1986-2017 Pao Film Production Co.,Ltd. All Rights Reserved.