パオの映画は "いのち、愛、共に生きる"

企画制作パオ有限会社
文部科学省選定作品 厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財 助成:文化芸術振興費補助金 
[社]企業メセナ協議会認定 あいち国際女性映画祭2009正式出品

星の国から孫ふたり〜「自閉症」児の贈りもの〜

自閉症(オーティズム)」児と家族、そして彼らを支える療育者、福祉や教育現場の方々へのエール。自閉症児と彼らを取り巻く地域の人々との関わりを描いた希望あふれる映画。槙坪夛鶴子第7回監督作品。

2009年度作品/カラー/95分/35mm,スタンダード

監督:槙坪夛鶴子

原作:門野晴子 星の国から孫ふたり−バークレーで育つ「自閉症」児−(岩波書店刊)

出演:馬渕晴子 加藤忍 比留間由哲 ミョンジュ 小笠原町子 乾貴美子 阿知波悟美 小野貴琉 小野駿希 上野楓恋

<友情出演> 小林桂樹 紺野美沙子 米倉斉加年 
<特別出演> アフリカンダンス:柳田知子 人形劇:木島知草

『星の国から孫ふたり』予告編(2:45)© パオ 星の国製作委員会

企画意図

発達障害って知っていますか? そのなかの自閉症(オーティズム)を知っていますか?

自閉症は生まれながらに脳機能に障害があり、人とのコミュニケーションが困難です。しかし、早期発見・早期療育によって障害は軽減可能です。人は地域の中で、様々な人とふれ合い、支え合える環境があれば、障害があるなしに関係なく、"その人らしく生きること、成長つづけることが、夢ではない"と信じています。映画『老親』の原作者・門野さんのお孫さん二人(アメリカ在住)が「自閉症」です。その実体験から書かれた「星の国から孫ふたり」を読み、ユーモア溢れる愛情一杯の関わり方に感動しました。日本の現状に置き換えて、「自閉症」児と家族、療育者と教育現場のあり方を見つめ直したいと思います。

映画『星の国から孫ふたり』は、笑いあり涙あり、夢のある愛ある世界に皆様をご案内することでしょう。この映画が「自閉症」(オーティズム)への理解を深めるきっかけになりますように。

監督 槙坪夛鶴子

星の国写真1 星の国写真2 星の国写真3

ものがたり

作家の太田弓子(馬渕晴子)はバークレーから帰国した娘の陽子(加藤忍)、その夫の敏夫(比留間由哲)、3歳になる孫のかおると久しぶりに再会した。だが、かおるは、まだおむつも取れず、「プーラペン……デュワイン!」とまるで宇宙語のような言葉を発し、医者に診てもらうと「自閉症の疑いがある」との診断。仕事人間の夫は、「子育てに問題があるのでは」と陽子を責める……。

一方、弓子は「自閉症って不思議がいっぱい」と前向きに日々のかおるの成長を見守る。そこに、バークレーから、発達障害の専門家・村井ひとみ(乾貴美子)が訪れ、「アメリカでの積極的な自閉症(オーティズム)への早期発見、早期療育の取り組みは人々が勝ち取ってきた」と語る。弓子の息子・拓也(ミョンジュ)は、ひとみとスカイプで交信しながら発達障害の専門家になる勉強を始める。そんな時、妹のらんも自閉症だと認定されてしまう。再びゆれる家族……。

らんは、幼稚園に、かおるは小学校の特別支援学級に入学する。かおるはそこで母をなくし心を閉ざしたマリアと出会う。「自分本位と言われている自閉症のかおるがマリアを想って泣いた!」かおるの初恋だと喜ぶ陽子達。「みんなに、もっと、かおるとらんのこと、自閉症について知ってもらおう」と弓子達は地域の人たちへ支援の輪を広げるために街へ出る。

星の国写真4 星の国写真5 星の国写真6

原作者のコメント

重い障がいを生きる槙坪監督が、拙著の「星の国から孫ふたり」を映画化するのがとてもうれしい。いわゆる障がいものには絶対ならない監督の人間観が、「面白くて可愛い不思議な生きもの」に映像の息吹を与える楽しみ。実際の私の孫たちは米・バークレー市に住む日米ミックスの異星人だが、映画では日本人に置き替えたことでよりリアリティを帯びた。不思議ないのちがありのままの個性としてこの国に受容される日まで、私も監督もはたして生きていられるや否や?

原作 門野晴子

監修者のコメント

映画「星の国から孫ふたり」は、自閉症という見た目にはわかりにくい違いのある子ども達を、懸命に育てているご家族の視点から理解を深める、心温まる映画です。障がいのある方にも、優しく暮らせる社会は、誰にとっても豊かな社会です。日本には、無意識のうちに同じもの、同じ生き方を求める文化があります。しかし本来、人それぞれの違いや良さを発見し、認め合うことが大切です。子どもに関わるすべての方に、ぜひ一度見ていただきたい映画です。

監修 明星大学教育学部教育学科教授 星山麻木

監修者のコメント

何年かぶりに帰国した娘は、コミュニケーションが難しい孫と一緒であった。続いて生まれてきた妹も自閉症を疑われた。この映画に登場する人々は戸惑いつつも、孫を「星の国からの贈りもの」ととらえ、自閉症を肯定的にとらえている。同年齢の子どもと比較して「何処が違っているか?」ではなく、「その子どもに目を向け、何処がよくなったか?」に着目することは重要なことである。この映画は自閉症の特徴をうまく表現して、あるべき支援の仕方を提示している点で、ぜひ鑑賞して欲しい作品である。

監修 都立小児総合医療センター顧問 市川宏伸

Copyright © 1986-2016 Pao Film Production Co.,Ltd. All Rights Reserved.