パオの映画は "いのち、愛、共に生きる"

企画制作パオ有限会社
フィルム上映からDVDブルーレイ上映まで対応しています。
上映会を企画されている方は是非お読み下さい。

上映会を企画される方へ

  1. フィルムと会場の予約
  2. 上映告知と受付け窓口
  3. 当日スタッフ打合わせ
  4. 映画フィルム貸出料金

はじめに

フィルムの予約状況をご確認ください。

上映希望日に目的の映画作品フィルムに空きがあるか、スケジュールを確認してフィルムの仮おさえ(仮予約)をお願いします。

仮予約で料金は発生いたしません。仮予約のキャンセルに対しても手数料をいただいておりません。

フィルムの仮予約の後、会場の予約、そして当日の細かい打合わせ、といった手順で進められるとよろしいかと思います。

フィルムと会場の予約

まずはスケジュール確認

初めてお問い合わせいただいた方には、パオスタッフから作品と上映に関する資料一式を送らせていただく様申し出る場合がございます。又、フィルムの仮予約をされる場合も、同様にご連絡先と上映予定内容を伺います。ご住所とお名前をお伝えください。次回以降どのスタッフでも御対応できる様いたします。

上映予定の日(第一希望、第二希望)が決まりましたら、お知らせ下さい。フィルムの空き状況をお調べします。

必ず直接パオまでお問い合わせいただき、スケジュール確認していただく様お願いします。

貸出日程

フィルムは上映日前後2日間の空きが必要なので、上映日を含む計5日間のスケジュールを組みます。

上映会場の予約

フィルムの仮予約が済みましたら、今度は会場の予約です。

地元地域の多目的ホールや、コミュニティセンター、市民会館や公民館など公共施設へお問い合わせ下さい。

会場の詳細や取捨選択、条件などは地元の方がお詳しい場合が圧倒的に多いので、パオでは上映実行委員の皆様へお任せしています。

上映告知と受付け窓口

受付応対用の連絡先

フィルム仮予約、会場の予約が済みましたら、チケット作り、チラシやポスターを使って、地域へ上映会の告知情報を発信します。お申し込み・お問い合わせの為の<連絡窓口>を事前に準備して下さい。実行委員会の事務所や委員の方の携帯電話などをご指定ください。

集客と宣伝の方法

参考までに具体例を挙げてご説明をいたします。

DMハガキ・
封書・
メール
パソコンとプリンタを使って、簡単にハガキ印刷できるようになりました。パオでも簡易的な発行物は、この組み合わせで作成しています。知人・友人の方へDMハガキ・封書、またメールを送って、お知らせしましょう。
チラシ・
ポスター
置きチラシや掲示ポスターを使った宣伝です。すぐ手にとって見れる、持ち帰れる、掲示物が目に留まるので、インターネットと比べて情報取得の敷居が低く、不特定多数の方への宣伝効果が期待できます。チラシ・ポスターには必ず問い合わせ連絡先を明記して下さい。
インターネット
公開
費用をほとんど掛けずに情報を公開でき、すばやく反映されます。ホームページ作成が難しい場合は、ブログやTwitter・Facebookなどのソーシャルネットワークサービスを活用して簡単に情報発信できます。作品によってはパオの運営する公式ブログや各SNSでもご紹介します。
地域での
呼びかけ
まずは、ご友人、お知り合いへお伝えしてみてはいかがでしょうか。実行委員会の皆様が上映会をキッカケに地域にお住まいの方々と交流ができ、上映会後もそうした関係性が繋がっていくことは、パオの上映活動にとっても意義あることだと考えています。ぜひそうした機会にして頂けたら幸いです。
お問い合わせ
窓口
せっかく宣伝告知をしても窓口が不在ではもったいないです。日昼につながる電話連絡先、メールアドレス、複数の窓口、パオ窓口併用など、負担を分散させて対応する工夫が必要です。

※補足のご説明

DMハガキ(暑中見舞・年賀状)で、全国のお客様に向けて上映スケジュール告知をパオでも行っています。

チラシを独自にレイアウト希望される方は、PDFデータを活用下さい。ただし必ず印刷前に査収いたします。

パオホームページに掲載する場合は、上映日・会場・受付窓口の情報が必要です。

申し込み連絡先

上映実行委員それぞれが賛同する個人の集まりの場合、特定の事務所などを構えていないこともめずらしくありません。

こうした場合、問い合わせ窓口が担当の方の自宅や携帯、勤務先になっているケースが多く、連絡が取りにくいといったお話はよく聞きます。ですからパオの連絡先も窓口としてお知らせしておけばよろしいかと思います。担当の方へ連絡がつかない場合は、パオの連絡先を告知しておくことで、詳細お問い合わせや前売りチケット販売代行をパオが行なうことができます。

当日スタッフ打合わせ

上映会場の規模や形態によっては、主催者側で会場スタッフの手が必要になるかと思います。

技術スタッフ(音響と照明)は通常ホールの方が担当します。

会場スタッフ 入場券係 ご案内係 販売係
技術スタッフ 照明担当 音響担当 映写技師※

映写技師について

地域の福祉センターや多目的ホールなどで上映する自主上映会の場合、会場専属の映写技師がいない場合があります。

そこで、パオでは16mmフィルムの出張映写を請けたまわっています。

映写の模様

16mmフィルム出張映写料金は¥30,000+交通費です。

その他ご不明な事は一度ご相談ください。

映写技師免許によって、映写できるフィルムが異なります。

映写可能 16mmのみ 35mmのみ 16mm/35mm両方

※必ず事前に確認していただきたいポイント

会場設備メンテナンスが整っていないと当日フィルムがかけられず、無理に使用してフィルムを破損する恐れがあります。

会場によって16mm/35mmフィルムどちらかのみ上映可能というホールがあり、映写担当の方の技師資格によってもフィルム上映が行えない場合があります。上映期日が近づくなかで実行委員会の皆様とパオ、そしてホール担当者としっかりとした打ち合わせをする必要がございます。

パオ物販と委託

パオ出版物(原作本や映画パンフレット等)の物販に関しては、上映会詳細を詰めていく中で、主催者様とパオ取り決めをさせていただいてます。

一般公開の有料・無料上映会で、パオ出版物を会場にてパオスタッフにより販売、もしくは主催者への販売委託をお願いしています。学校の授業として生徒にみせる、という場合に書籍販売は行いません。会場の都合により書籍販売を禁止している場合はもちろん、また別途料金が発生する場合にも物販・委託を取り止めさせて頂く場合がございます。

映画の貸出料金表

作品ごとのフィルム貸し出し料金です。表示価格はすべて税別になります。

フィルムの貸出料金
子どもたちへ 若人よ,地球っ子,わたしがSuKi 老親ろうしん,母のいる場所 星の国から孫ふたり
16mm 学校 ¥50,000 ¥100,000 ¥200,000 ¥100,000
16mm 一般 ¥120,000 ¥150,000
35mm 学校 なし ¥150,000 ¥300,000 ¥200,000
35mm 一般 ¥170,000 ¥250,000
チケット料金基準 一般前売 ¥1,000(当日 ¥1,300)
高校生以下前売 ¥800 (当日 ¥1,000)
チラシ/ポスター 単価¥10/なし 単価¥10/¥200
日本語字幕 OHPフィルム IPtalkファイル PowerPointファイル
字幕使用料 無料 ¥15,000 ¥10,000

※有料上映会での純利益

有料上映会では、上映会により利益が出た場合に限り、貸出料金+純利益の1/3をお支払頂きます。

純利益=チケット総売上げ−経費、です。

経費=フィルム使用料+会場費+そのほか人件費など諸経費、で計上下さい。

尚、チケット料金基準は目安です。

パオが上映会主催側へ要求することはありませんが、新作映画の場合に限り貸出条件とさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

DVD/BDの貸出料金
星の国から孫ふたり 少女の夢〜いのちつないで〜 夫婦史-共に生きて-
DVD貸出 ¥150,000 ¥100,000 ¥50,000
Blu-ray貸出 なし ¥100,000 ¥50,000
日本語字幕版 なし DVD/BD両方

日本語字幕について

聴覚障がい者のお客様用の日本語字幕をご提供しています。

字幕OHPロールは無料貸出、IPTalk(アイピートーク)ソフトウェア用の字幕データ提供は有料です。使用料は全額、データを製作してくださったNPO法人松本市聴覚障害者社会参加支援協会および情報提供プロジェクトへお支払いします。ソフトウェアの詳細は、http://iptalk.hp.infoseek.co.jp/でご確認ください。

【星の国から孫ふたりの字幕データについて】PowerPoint用字幕データの提供は有料です。

データはPowerPointの.pptxファイルになります。これを表示させるには、Microsoft Office 2007 のPower Point、またはPowerPoint viewer 2007が必要です。PowerPoint viewer 2007は無料でダウンロードできます。データ製作はNPO法人松本市聴覚障害者社会参加支援協会・情報提供プロジェクトです。

Copyright © 1986-2017 Pao Film Production Co.,Ltd. All Rights Reserved.